« 移動 | トップページ | 日付変更線 »

君であるように


三十歳になった。
毎年夏は憂鬱になる。何故だか理由はわからないのだけれど、
夏は鬱鬱と過ごし、寒くなるとそれに飽きて開き直り、人生こんなものかと年末を迎える。

今年は7月の終わりに気が狂いそうな混乱状態に陥って、
ぷっつりと線を切ってしまった。
7月の終わりに、いや正確にはもっと以前から当惑し
悩んでいた事象について、結論を下したのだ。

1.耐え忍び対処法を考えうまく乗り越えていくこと。
2.流れに身を任せて穏やかな波を待つこと。
3.見切りをつけて新しい場所へ向かうこと。
何かに行き当たった際には、よくよく考えて選択肢から最善のものを選ぶ。
後悔のないように。この後好い方向へ転がれるように。

私は1を選べず2で疲弊して、3 を選んだ。
それもただの3じゃなかった。
結果として私が選んだ3は、期待してして支えてくれた人を裏切り、
積み上げたものを崩してしまった。

それでも、毎晩泣き続けて苦しみを吐き出し、段々とおかしくなっていく自分、
諦めて小さくなっていく自分が本当に壊れないように踏みとどまることで精一杯で、
1になんて戻れそうにもなかった私は、些細なことで糸を断ち切って、
振り返らずにそこを飛び出した。

受け入れ難いもの、常識人として認めなければならないもの、欲しい生活。
判断の材料は沢山あるように見えたけれど、嵐が過ぎた今、
とてもシンプルな答えに到達した。

僕が僕であるために。
勝ち続けなきゃならない。

尾崎豊の有名な一曲だ。
私が私であるために、私は選んだ。生き続けることを。
期限も距離も定まらないゴールに向かって、
心を死なせたまま生活していくことには耐えられない。
私として走っていない抜け殻の状態でゴールへ辿り着いても、
きっと私は消えてしまいたくなる。
生きることを勝ち負けで語るのは好きじゃない。
でも自分が自分でない人生で、何かに勝てるわけがない。


言葉を選び理解に努め、目的と認識と論理展開を出来るだけ共有し、共に歩く。
それが仕事だと思っていた。
私は考え、そして尋ねたが、不確かでも暫定的に形を成して
とりあえず現状を保ち続けることが大事らしかった。

他人同士。私は相手の認識や経験を知らない。そしてここで行う仕事についても詳細を知らない。
だから言葉を使う。理解して寄り添い、一緒に仕事をするために。
そういう前提を当たり前だと思っていたが、違うようだった。

一度も会話に登場していない仕組みや作業について
確認をせずに進めていくことは、思い込みでの作業を推奨する。
エスパーじゃあるまいし、とても危険だ。
職人のように言葉に加えて感覚が作業において比重を占めるなら未だしも、
オフィス街のビルでパソコンと書類に向き合い、制度と規則、
互いの認識に照らしあわせていく仕事で、何故言葉が使われないのか。
確認をしようとすると叱責される場面の多かったこと。
私たちは人間で、他人で、仕事仲間で、始まったばかりの業務で、
曖昧なルールブックを渡され、言葉と想像力を使うことを禁止された。
私はそれを受け入れられなかった。

始まりが異なっても、言葉を使って認識を重なり合わせ、整えていけばいい。
でもそれではいけないらしい。出発点から相手と並走しなければ、理解の悪い奴と言われる。
出発点が何処かすら伝えられていないというのに。

私は言葉を使って認識の真ん中へ向かう人間で、
想像力と言葉を禁じられることは武器を奪われると同じことだった。
戦えない奴は去るしかない。

戦うことを放棄し、切りつけらる痛みを感じないようになった。
それはもう終わりの始まりだった。

積み上げたものを失った悲しみはまだまだずっと胸にある。
それと同時に、想像力を欠いたまま言葉も尽くすことが出来ない場所を
出られたことには、正直ほっとしている。

私は言葉を言葉で世界を捉え、言葉で人と繋がり、言葉で自分を表現する。
そう、

僕が僕であるために
勝ち続けなきゃならない
正しいものは何なのか
それがこの胸にわかるまで


自分の正しさをずっと押し通してはいけないだろう。
でも私が信じるものを抱えて、私とし行きていきたい。
あなた方の正しさを主張するのなら、私は私で考え続けて生きていく。

正しいものは何なのか
それがこの胸にわかるまで




|

« 移動 | トップページ | 日付変更線 »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/230533/57092709

この記事へのトラックバック一覧です: 君であるように:

« 移動 | トップページ | 日付変更線 »